超高周波ろう付けシステム

説明

誘導を用いる超高周波ろう付けシステム

 

モデル

DW-UHF-100KW

入力電圧

3 phases,380V±10%,50/60Hz

出力パワー

100KW

発振周波数

50-150KHz

最大入力電流

145A

冷却水

> 0.2 MPa、10L /分、

重さ

160KG

デューティ·サイクル

67%

サイズ

メイン

760x400x880mm

510x300x450mm

主な特徴:

1。150KHZまでの高周波で、非常に薄くて小さな部品は容易に加熱することができます。

2.IGBTと現在の反転技術が使用されています。 より高い信頼性とより低い保守コスト。

最大出力で3.100%デューティサイクル、連続動作が可能です。

より高い加熱効率を達成するために、4定電流または定電力状態をそれに応じて選択することができます。

5。加熱力と加熱電流および振動数の表示。

6。インストールが簡単、専門外の人が非常に簡単にインストールができます。

7。軽量、小型。

8誘導コイルの異なった形そしてサイズは異なった部品を熱するために容易に変えることができます。

9。タイマー付きモデルの利点:加熱期間と保持期間の電力と動作時間をそれぞれ事前設定することができ、単純な加熱曲線を実現するために、このモデルは反復性を改善するためのバッチ生産に使用することをお勧めします。

自動加熱時間:10-0.1秒、自動保持時間:99.9-0.1秒、自動冷却時間:99.9-0.1秒

主な用途:

シャフトの焼入れ

歯車の焼入れ

銅バーのろう付け

弾丸の加熱

水冷るつぼを使ったメルト浮遊

ワイヤの連続焼なましなど

 

=