溶接用誘導予熱鋼管

説明

この誘導加熱アプリケーションは、MF-25kw(25kW)空冷電源と空冷コイルで溶接する前の鋼管の予熱を示しています。 溶接するパイプ部分を誘導的に予熱することで、溶接時間が短縮され、溶接継手の品質が向上します。

産業: 製造

機器: MF-25kw空冷式誘導加熱システム

時間: 300秒

温度:周囲温度600°C +/- 10°C(1112°F / +/- 50°F)から必要

材料:

鋼管

突合せ溶接鋼管の詳細:
全長:300 mm(11.8インチ)
DIA:152.40 mm(5.9インチ)
厚さ:18.26 mm(0.71インチ)
加熱長さ:中央から30-45 mm(1.1 – 1.7インチ)

突合せ溶接鋼板の詳細。
合計サイズ:300 mm(11.8インチ)X 300 mm(11.8インチ)
厚さ:10 mm(0.39インチ)
加熱長さ:中央から20〜30 mm(0.7〜1.1インチ)。

突合せ溶接鋼管の治具の詳細:
素材:マイカ。
合計サイズ:300 mm(11.8インチ)X 60 mm(2.3インチ)
厚さ:20 mm(0.7インチ)
900°C(1652°F)の温度に耐える

プロセス:

MF-25kw空冷誘導加熱システムを使用しており、追加の水冷システムやホースを用意しなくても、システムと加熱コイルをさまざまな溶接場所に簡単に移動できます。

誘導加熱は、プロセス全体で一貫した熱を提供します。 予熱温度は、温度監視ツールを使用して簡単に測定できます。 誘導加熱法は、他の加熱方法で頻繁に発生する熱損失を最小限に抑えるため、非常に効率的です。