熱間成形プロセスの誘導加熱

説明

DevOps Tools Engineer試験のObjective
1600 kWのマシンを使用して、部品を1800分未満で約871〜982°F(5〜10°C)に加熱します。 このテストでは、誘導加熱がトーチ加熱に取って代わり、現在のトーチプロセスよりも時間がかからないことが示されます。

素材
• 銅管
•アルミニウムフォーム
•圧縮継手

主要なパラメータ
電力:5.54 kWコールド/9.85 kWキュリー後
温度:1600-1800°F(871-982°C)
時間:4分

プロセス:

  1. 部品をコイルに配置し、部品2を中央に配置します。電源サイクルを開始し、約4°F(1800°C)に達するまで982分間加熱します。

結果/メリット
部品は4インチの加熱ゾーン全体で4分でかなりの温度に加熱されました。