誘導はんだ鋼部品

IGBTの誘導加熱装置が付いている誘導はんだ付けする鋼鉄部品、ワイヤー、管、管および棒

目的はんだ付け用途のために特殊鋼ハウジングを500(260)ºF(ºC)に加熱すること
材質スチールハウジングはんだワイヤーとフラックス
温度500(260)– 550(287.8)ºF(ºC)
周波数200 kHz
機器DW-UHF-6kW、150〜400 kHzのソリッドステート誘導電源、0.33つの0.66 mFコンデンサ(総静電容量XNUMX mF)を含むリモートヒートステーション。 カスタム設計の誘導加熱コイル。
プロセスXNUMXターンの誘導コイルを使用して、鋼製ハウジングに熱エネルギーを供給します。 小径のはんだワイヤーを使用して、組み立てプロセス用のはんだリングを形成します。 はんだフラックスを塗布します
関節部分にたっぷり。 はんだリングが接合部に流入するまで、誘導電力がアセンブリに適用されます。 同じコイルを使用して、ハウジングの複数の場所をはんだ付けします。
結果/利点・XNUMXつのコイルで複数の場所をはんだ付けする機能。 コイルを交換する必要はありません。

誘導はんだ鋼