誘導ろう付切削工具

誘導加熱ろう付工具

目的:切削工具用のコーンとシャフトをろう付けすること

材料顧客が提供する部品

温度表示用塗料ブレージングプリフォーム

温度1300–1400ºF(704 – 760°C)

周波数400 kHz

機器:DW-UHF-6kw-1、250-600 kHz誘導加熱システム、2つの0.66μFコンデンサを使用したリモートヒートステーションを含む(合計1.32μF)この用途のために特別に設計および開発された2ポジション、2ターン誘導加熱コイル。

工程:2組の部品を個々のコイルに入れる。 ろう付けプリフォームは接合部の円錐上に配置されます。 組み立てられた部品は誘導加熱コイルの内側に置かれ、ろう付けが溶けるまで加熱されます。

結果/利点:効率的なコイル設計により、単一の2kWシステムで2つの部品を同時に加熱することができます。 必要な処理時間内に二重ろう付けが達成され、処理スループットが向上します。