誘導で銅に銀をろう付け

誘導で銅に銀をろう付け 

目的:ろう付け用途の銀接点と真ちゅう/銅バスを加熱します
材質:銀接点.75(19mm)直径、真ちゅうおよび銅バス2 "x 1"(50.8 x 25.4mm)、ろう付けシム、白色フラックス
温度1300°F(704°C)
周波数300 kHz
機器•DW-UHF-10kW誘導加熱システム。1.0つの0.5μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセス90ターン分割らせんコイルを使用してアセンブリを加熱します。 部品は、ろう付けシムとフラックスを使用して、トップターンとセカンドターンの間のコイルに対して1300°に配置されます。 部品は704秒以内に40ºF(XNUMXºC)に達し、部品をろう付けします。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•製造のためのオペレータースキルを必要としないハンズフリー加熱
•より良い共同品質
•より速い加熱サイクル、より一貫した結果
•暖房の均等配分