インダクションシュリンクフィットアルミシャフト

IGBTの誘導加熱システムが付いている誘導の収縮の適合のアルミニウムシャフト

目的アルミニウムインペラーブレードを200ºF(93ºC)に加熱し、シャフトに焼きばめします。
材質アルミニウムインペラーブレード、ボア.28インチ(7.109mm)、アルミニウムシャフト
温度200°F(93°C)
周波数255 kHz
機器•DW-UHF-6W誘導加熱システム。1.0μFのコンデンサをXNUMXつ含むリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセススプリット20ターンヘリカルコイルを使用して、インペラブレードの開口部を均一に加熱します。 インペラブレードは200秒間加熱され、93ºF(XNUMXºC)に達します。 次に、インペラブレードをコイルから取り外し、シャフト上で滑らせて、焼きばめの適用を完了します。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•繰り返し可能な結果
•サイクルタイムの短縮、消耗品コストの削減
•暖房の均等配分

シュリンクフィットアルミ

 

 

 

 

 

 

 

 
インダクション付きシュリンクフィットアルミニウム

Indrinktioin Shrink Fittingアルミニウムプーリー

IGBTの暖房装置が付いているInductioinの収縮継手アルミニウム滑車

自動車産業用のインナーベアリングを挿入するための目的熱アルミニウムプーリー
材質アルミニウムプーリー外径2.3インチ(60mm)x内径1.6インチ(40mm)x高さ1インチ(27mm)および内部ベアリング高さ0.7インチ(17.8mm)x直径1.6インチ(40mm)
温度464°F(240°C)
周波数283 kHz
機器•DW-UHF-4.5kW誘導加熱システム。0.33つの0.66μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセス3回転ヘリカルコイルを使用してアルミニウムプーリーを加熱します。
プーリーを464秒で240ºF(20ºC)に加熱して内径を拡大し、次にインナーベアリングを挿入して完成品を形成します。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•定義され制御されたヒートパターン
•自動化システムに簡単に統合されたプロセス
•暖房の均等配分

焼きばめアルミベアリング