誘導付ろう付銅バー

誘導付ろう付銅バー

目的:バスバーアセンブリを一緒にろう付けすること
材質:•幅2インチ(6mm)、長さ152.4フィート(2mm)、609.6本の銅製バスバー2本
幅6インチ(152.4mm)、長さ18インチ(457.2)、厚さ3/8インチ(9.65mm)の銅棒•ろう付けシムプリフォームと白色フラックス
温度:1292°F(700°C)
周波数:80 kHz
設備•DW-UHF-60KW誘導加熱システム、
合計1.0μFのための8個の2.0μFコンデンサを含むリモートワークヘッド。
•この用途向けに特別に設計および開発された誘導加熱コイル

プロセス:3ターンヘリカルコイルを使用してアセンブリを加熱します。 3つのろう付けシムプリフォームをプレート間に配置し、白色フラックスをアセンブリに塗布する。 ろう合金を均一に流すために5分間加熱します。 大電流対応の美的外観のろう付けゾーンが製造されます。

結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•一貫生産された高品質の部品
•銅片の間で均等に分割されている部分に熱を加え、均一な流動性と安定したろう付けの使用を可能にします。
•熟練したオペレーターを必要としないハンズフリー操作