太陽電池パネルの誘導はんだ付け

誘導加熱ユニット付きソーラーパネルのはんだ付け

目的はんだ付け用途では、ソーラーフレックス回路ストリップの複数の接合部を500秒以内に260°F(XNUMXºC)に加熱します。
材質フレキシブルソーラーパネル、はんだプラスペースト63NC-A、厚さ0.0625インチ(1.59mm)のテフロンシート
温度500°F(260ºC)
周波数278 kHz
機器•DW-UHF-4.5μFコンデンサーを1.2つ備えたリモートワークヘッドを備えたXNUMXkW誘導加熱システム
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセス特別に設計された誘導コイルを使用して、ソーラー回路のワイヤーが重なる領域に均一な熱を提供します。 回路接続部にはんだペーストを非常に薄く塗布し、テフロンシートに少量の圧力を加えて回路をまとめます。 はんだペーストを流し、ワイヤーをフレックス回路に接着するために、10秒間電力が供給されます
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•一貫した再現性のある結果
•非接触クリーン加熱
•フレームレスプロセス

太陽電池パネルの誘導はんだ付け