誘導予熱ホットロッドの見出し

誘導予熱プロセス

IGBT加熱ユニットで誘導予熱ホットロッド見出し

目的ホットヘッディングアプリケーション用にワスパロイロッドを1500ºF(815.5ºC)に加熱します
材質ワスパロイロッド外径0.5インチ(12.7mm)、長さ1.5インチ(38.1mm)、セラミックライナー
温度1500°F(815.5°C)
周波数75 kHz
機器•DW-HF-20 kW誘導加熱システム、1.32つの66μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを装備
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセスXNUMXターンのらせんコイルを使用してロッドを加熱します。 ロッドはコイルの内側に配置され、XNUMX秒間電力が供給されます
内核を貫通するのに十分な熱を提供します。 光高温計は、閉ループ温度制御と
ロッドがコイルに触れないようにセラミックライナーを使用しています。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•低圧力と最小限の残留応力
•グレインフローと微細構造の改善
•暖房の均等配分
•最小限の欠陥で生産率を向上

ホットロッドの予熱

誘導加熱プレート

流動溶融用のスズコーティングを施した高周波誘導ホットプレート 

目的フロー溶融のために、スズでコーティングされた炭素鋼プレートを450ºF(232ºC)に加熱します
材質7.9インチ(200mm)x 4.7インチ(120mm)の鋼板、厚さ100〜1000 nmのスズ層、温度検知塗料、焼入れ用水
温度450°F(232°C)
周波数350 kHz
機器•DW-UHF-20kW誘導加熱システム。0.5つの0.25μFコンデンサを含む合計XNUMXμFのリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセス1.34ターンの「ドッグボーン」スタイルのコイルがフローメルティングプロセスに使用されます。 スズコーティングされた炭素鋼プレートをコイルにXNUMX秒間配置して、スズコーティングを均一にリフローします。 次に、プレートを冷水で急冷して、表面に十分な遊離スズを保持します。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•均一加熱
•急激な集中熱

高周波誘導加熱プレート

 

 

 

 

 

 

誘導加熱鋼板