誘導超硬合金鋼工具

誘導超硬合金鋼工具

目的:この超硬合金のろう付け用途に解決策を提供します。材料•本体10mm。 超硬チップ57 x 35 x 3 mm•ろう付けシム•ろう付け用フラックスホワイト

温度:750°C(1382ºF)

周波数:150 kHz

機器DW-UHF-20KW誘導加熱システム。(2)1.0μFコンデンサ(合計0.5μF)を含むリモートヒートステーションを備えています。このアプリケーション専用に設計および開発された4.5インチのらせん誘導加熱コイル。

プロセス:ボディのシムとカーバイドは洗浄され、アセンブリの表面全体にフラックスが塗布されます。 部品は誘導コイルにまとめて配置されます。 次に、加熱中に部品を保持するために、2つのセラミック管が互いに対向するコイルを貫通して配置される。 部品上のフラックスは加熱する前に乾燥させる。 誘導加熱力は、ろうが接合部に流れるまで加えられる。

結果/メリット

•ろう付け接合部のターゲット加熱が効率的

•フレームレスプロセスはより正確で制御可能

•結果は再現性があります

誘導を用いる鋼への超硬合金のろう付け

誘導を用いる鋼への超硬合金のろう付け 

目的:航空宇宙用途における均一な同心度を有するろう付けカーバイドロータリーファイルアセンブリ

素材:

•超硬ブランク

•ハイスシャンク

•温度表示ペイント

•ろう付けシムとブラックフラックス

温度1400°F(760°C)

周波数252 kHz

機器DW-UHF-10kw誘導加熱システム。2個の0.33μFコンデンサを含むリモートヒートステーションを装備(合計0.66μF)この用途のために特別に設計および開発された誘導加熱コイル。

プロセスマルチターンヘリカルコイルが使用されます。 部品を加熱して、目的の温度と必要な熱パターンに到達するのに必要な時間を決定します。 さまざまな部品サイズにもよりますが、30°F(45°C)に達するまでに約1400〜760秒かかります。 フラックスはパーツ全体に適用されます。 スチールシャンクとカーバイドの間にろう付けシムが挟まれています。 ろうが流れるまで誘導加熱力をかけます。 適切に固定することで、パーツの同心性を実現できます。

結果/利点•再現性があり、安定した正確な熱。