誘導付ろう付け超硬シャフト

誘導付ろう付け超硬シャフト

目的:超硬シャフトを鋼管にろう付けする

材質:超硬シャフト直径1/8 "から1"(さまざまなサイズ)鋼管外径3/8 "から1¼"銀はんだろう付け

温度:塗料を示す

温度:1400°F(60秒)周波数300 kHz

機器:DW-UHF-6KW-III、150-400 kHz 2つの0.66μFコンデンサを含むリモートヒートステーションを装備したソリッドステート誘導加熱システム(合計1.32μF)マルチターンヘリカルコイル

プロセス:超硬シャフトと鋼管が出会う場所に銀はんだを塗布します。 0005つのパーツ間のクリアランスは約.60インチです。 部品にはんだろう付けの小片を置き、部品を加熱します。 最高の熱移動とはんだの流れでろう付けを流すのに約60秒かかります。 部品をより速く加熱できますが、XNUMX秒で最適な結果が得られます。

結果/利点:誘導加熱は均一で正確な熱を供給します。 良好な接合を保証するためにはんだろう付けが部品の周囲に均等に流れるためには正確な方向の熱が必要です。