誘導を伴う銅管へのアルミニウムのろう付け

誘導を伴う銅管へのアルミニウムのろう付け

目的:ろう付け用途でアルミニウムマニホールドを1050°F(566°C)に加熱するには、次の手順を実行します。

素材:

  • Cuチューブ(3/4インチ/ 19mm)
  • Cuチューブ(5/8インチ/ 15.8mm)
  • AIチューブ(3/8インチ/9.5mm)
  • AIマニホールド(5/8インチ/15.8mm)
  • AIマニホールド(3/4インチ/19mm)
  • ルーカス - ミルハウプトハンディワンアロイ30-832
  • ろう付けワイヤ

温度1050°F(566°C)

周波数260 kHz

機器DW-UHF-10KW 150-500 kHz 2つの1.5μFコンデンサを含むリモートヒートステーションを備えた誘導加熱システム。

  • アルミニウムアセンブリ用に特別に設計および開発された2回転楕円形ヘリカル誘導加熱コイル
  • CuチューブをAIジョイントアセンブリにろう付けするために特別に設計および開発された5ターンヘリカル誘導加熱コイル

プロセスろう付け:プリフォームはアルミニウム管に合うように設計されました。 次いで、4本のアルミニウム管をマニホールドに入れ、そしてアセンブリをコイルに挿入した。 アセンブリをおよそXNUMX秒間加熱し、その時点でアセンブリは目標温度に到達し、ろう付け流を行った。 Cu管については、それらのためにろう付けプリフォームも設計し、管の周りに巻き付け、そしてアセンブリをコイルの内側に配置した。 加熱サイクル時間は約70秒でした。 いくつかの接合部は、ろう付けワイヤサイズのために接合部領域全体を埋めるためにろう付けのスティック供給を必要とした。 サイクルタイムを長くすれば、スティックフィードの必要性はなくなります。

結果/メリット:正確で再現性のある加熱:

  • クライアントは、トーチが提供できるよりも正確で再現性のある加熱を望んでいました。これは、誘導によって達成できました。
  • 温度制御:誘導は顧客が望むトーチを含む他の方法と比較されたとき優秀な温度制御を可能にする