誘導アニーリングプロセス-誘導アニーリングを使用する理由

誘導焼鈍プロセス

誘導焼鈍プロセス

HLQ誘導は、 誘導加熱サービス 誘導焼鈍を含む。誘導焼鈍は、金属材料の特性の正確で信頼性の高い制御を可能にします。 誘導焼鈍は主にソフトアニーリングと応力緩和焼鈍に使用され、従来の方法に比べて大きな利点があります。 誘導焼鈍は、明るい焼鈍中に不純物の熱除去を可能にします。 誘導焼鈍は主にソフト焼鈍や応力緩和焼鈍に使用され、従来の方法に比べて大きなメリットがあります。誘導焼鈍により、明るい焼鈍時に材料中の不純物を熱的に除去することができます。

誘導アニーリング は、金属材料を高温に長時間さらした後、ゆっくりと冷却する金属熱処理です。 アニーリングは主に、材料の機械的特性の変化に最終的に関与する、誘発された微細構造変化によって特徴付けられます。 このプロセスの最終的な目標は、金属の硬度を下げ、延性を向上させることです。

高周波焼鈍ステンレス鋼線

焼鈍サービスとは、具体的には、材料を可能な限り柔らかくするためのプロセスを指します。 私たちの焼き戻しプロセスは、金属を柔らかくしますが、可能な限り完全ではありません。 焼戻しの程度は、材料、最高到達温度、および冷却時間の長さによって異なります。 プロセスまたは応力除去焼鈍は、冷間加工の影響を打ち消すために使用されます。 つまり、以前にひずみ硬化された金属の柔らかさと延性を高めます。 内部応力は、機械加工や研削などの塑性変形プロセス、溶接プロセスや鋳造プロセスにおける不均一な冷却、または相変態の結果として発生する可能性があります。 内部応力を取り除かないと、歪みや反りが発生することがあります。 焼きなましにより、部品が推奨温度まで加熱され、十分に長く保持され、ゆっくりと室温まで冷却されると、これらのストレスが解消されます。

なぜアニーリングを使用するのですか?

最新の誘導加熱は、他の加熱方法に比べて多くの利点があり、アニーリングアプリケーションに一般的に使用されています。 誘導による加熱は、信頼性が高く、再現性があり、非接触でエネルギー効率の高い熱を最小限の時間で提供します。 ソリッドステートシステムは、個々の冶金学的特性を損なうことなく、正確な製造公差内で非常に小さな領域を加熱することができます。 誘導は、表面または加熱のいずれかに使用できます。 時間、温度、材料の特性に応じてケース焼鈍が可能です。

誘導焼鈍は、指定された温度に金属を加熱してから、微細な微細構造を生成する速度で冷却することを指す一般的な用語です。 誘導を使用すると、金属ターゲットに接触したり、周囲の雰囲気を加熱したりせずに、制御された繰り返しサイクルで金属を急速に温度まで加熱できます。 非鉄金属の冷却槽は通常、大気中にあり、パーライトが形成されます。 銅や真鍮などの非鉄金属は、水中で急冷することにより急冷することができます。 その結果、材料が「柔らかく」なり、必要な形状に成形しやすくなります。

誘導アニーリング ワイヤー加工、精密工具成形、およびチューブ成形アプリケーションで一般的に使用されます。 誘導焼鈍の代表的な材料には、アルミニウム、炭素鋼、炭化物があります。 誘導焼鈍の利点には、次のようなものがあります。 急速な熱サイクル; 広い加熱エリア(つまりオーブン)への連続的な電力の排除。 電力使用量の削減によるコスト削減。 対流プロセスのように周囲の空気ではなく、金属を直接加熱します。 裸火法よりも安全なプロセス。 オペレーターのスキルに依存しない所定の温度まで均一に加熱および均一に加熱するための改善されたプロセス制御。

なぜ誘導焼鈍しにHLQ誘導を選択するのですか?

私たちは中国にオフィスを持つ誘導加熱の業界リーダーです。

高周波焼鈍 誘導加熱による一種の熱処理であり、金属を特定の温度に加熱し、その後、微細な微細構造を生成する速度で冷却します。 誘導加熱を使用すると、金属は、金属ターゲットに接触せずに、制御された繰り返しサイクルで温度まで急速に加熱できます。通常、材料は屋外で冷却されます。 その結果、材料が「柔らかく」なり、必要な形状に成形しやすくなります。

誘導加熱によるアニーリングの利点:

1.高い生産率

2.加熱面積が少なく、継続的に電力が必要(オーブンなど)

3.生産の増加と人件費の削減によるコストの節約

4.加熱時間と温度を制御しやすい


私たちは誘導加熱を専門としているため、お客様は多くの業界で統合された誘導焼鈍ソリューションの恩恵を受けています。
私たちのお客様は、高周波焼鈍を使用することで過剰な在庫と部品の取り扱いを避け、無駄を最小限に抑え、低コストで結果を改善します。最高の品質基準を満たす一流の技術、設備、および工程降伏ユニットがあります。