高周波焼入れ鋼製ねじ山

高周波焼入れ鋼製ねじ山

DevOps Tools Engineer試験のObjective

鋼製屋根ねじを1650ºFに加熱してねじ山を硬化させます

材質:直径1.25インチ(31.75mm)未満、長さ5インチ(127mm)のさまざまな直径の鋼製屋根ねじ

温度:1650°F(899°C)

周波数:291 kHz

設備• DW-UHF-6kW-Iハンドヘルド誘導加熱システム、合計0.33µFの0.66つのXNUMXµFコンデンサを含むリモートワークヘッドを装備

ポータブル誘導加熱ユニット
•アン 設計された誘導加熱コイル このアプリケーション用に特別に開発されました。

高周波焼入れ プロセス

8回転ヘリカルコイルを使用してねじ山を加熱します。 ネジをコイルに入れ、XNUMX秒間熱を加えて
必要な硬度で2インチのロングゾーンを実現します。

結果/メリット

誘導加熱 提供:
•非常に急速な加熱、より速い生産速度、効率的
•既存の生産ラインに組み込む機能
•再現性のある一貫した結果
•暖房の均等配分