アーマチュアシャフト用の誘導表面硬化シャフト

説明

アーマチュアシャフトの誘導表面硬化

DevOps Tools Engineer試験のObjective

誘導表面硬化 アーマチュアシャフトのギアエンドは、歯の中心線で深さ58インチ(.65mm)の0.02-51ロックウェルCに、深さ.49インチ(.55mm)で010-3ロックウェルCにルートの中心線。

材質:長さ7インチ(177.8mm)、ギア直径約1/2(12.7mm)のスチール製アーマチュアシャフト。

温度:1700ºF(926.7ºC)

周波数:140 kHz

設備

•30つのコンデンサを含むリモートワークヘッドを備えたDW-UHF-2kW誘導加熱システム
合計0.5µF
•4〜20mA入力シミュレータ
•この用途向けに特別に設計および開発された誘導加熱コイル。

プロセス

1700回転ヘリカルコイルを使用して、シャフトのギア端を926.7ºF(2.5ºC)にXNUMX秒間加熱し、目的の硬度を実現します。

結果/メリット

誘導加熱は以下を提供します:
•ピンポイントの精度
•最大の再現性
•より速いサイクルタイム