銅ケーブルを銅ピンに誘導はんだ付けする

銅ケーブルを銅ピンに誘導はんだ付けする

 

目的:

これの目的 誘導加熱アプリケーション ハーネス製造用の銅ピンにケーブルをはんだ付けすることです。 顧客は、航空宇宙産業向けのミッションクリティカルなテストシステムのメーカーです。 目標は、はんだ付け時間を手作業で10分から1分未満に短縮することです。 誘導加熱システム はんだの品質と再現性を向上させます。

機器:

HLQには、一般的に同様のアプリケーションで使用される誘導はんだ付け装置のラインがあります– DW-UHFシリーズ、 高周波誘導加熱システム 小さな部品や部品の誘導はんだ付けやろう付けに。

プロセス:

顧客は、外径0.2インチ(5.08 cm)、長さ1インチ(2.5 cm)、外径0.178インチ(0.44 cm)のピン、長さ0.2インチ(5.08 cm)、長さ0.169インチ(0.42 cm)のケーブルレシーバーを提供しました。 ID、外径0.19インチ、外径0.09インチ(0.22 cm)の小さなケーブル、および外径0.114インチ(0.28 cm)の小さなピン、長さ0.16インチ(0.40 cm)、長さ0.07インチ(0.17 cm)のケーブルレシーバーID。 0.129インチ(0.32 cm)外径。

誘導はんだペーストは、ピンのケーブルレシーバーの内側とケーブルの剥がされた端に塗布されました。 次に、ピンをホルダーに配置しました。 誘導加熱コイルはケーブルレシーバーを完全に覆っていました。 DW-UHF-6KW-Iハンドヘルド誘導ろう付けシステムを使用した誘導はんだ付けは、2%の電力で約60°F(600°C)の温度で315秒で完了しました。

産業: 航空宇宙&防衛