誘導加熱器を備えた鋼管から銅管へのろう付け

説明

高周波誘導ろう付け鋼管から銅管へ

DevOps Tools Engineer試験のObjective
目標は、フラックスとろう付け合金を使用して、鋼管を銅管に60秒でろう付けすることです。

設備

DW-UHF-10kw誘導ろう付けヒーター

XNUMXターンデュアル直径コイル

素材
•鋼管と銅製レシーバー
•ろう付け合金(CDA 681)
•B-1フラックス

主要なパラメータ
温度:約1750°F(954°C)
周波数:148 kHz

プロセス:
  1. 組み立てセクションは事前に組み立てられ、フラックス処理され(B-1)、XNUMXつの直径のコイルに配置され、XNUMXつの事前に形成された合金リングがインターフェース領域に設定されました。
  2. 合金の流れと接合は60秒で完了しました。
  3. 完了後、材料を水中で冷却した。 誘導ろう付け.
  4. 次に、接合部を断面化して、ろう付けプロセスが強力で高品質の接合部を生成したことを検証しました。

結果/メリット

  • 強力で耐久性のあるジョイント 誘導加熱
  • 選択的で正確なヒートゾーン。溶接よりも部品の歪みや接合部の応力が少なくなります。
  • 酸化が少ない
  • より速い加熱サイクル
  • バッチ処理を必要としない、より一貫した結果と大量生産への適合性
  • 火炎ろう付けよりも安全

誘導ろう付け鋼管から銅管へのプロセス