誘導加熱ストレス緩和

誘導加熱ストレス緩和 冷間加工、成形、機械加工、溶接、または切断された金属の場合、製造プロセス中に発生する応力を低減するために、応力緩和操作を実行する必要がある場合があります。

誘導加熱ストレス緩和 は鉄合金と非鉄合金の両方に適用され、機械加工、冷間圧延、溶接などの以前の製造プロセスによって生成された内部残留応力を除去することを目的としています。 それがないと、その後の処理で許容できない歪みが発生したり、材料に応力腐食割れなどの使用上の問題が発生したりする可能性があります。 T 処理は、材料構造や機械的特性に大きな変化をもたらすことを意図していないため、通常は比較的低温に制限されます。

冷間加工、成形、機械加工、溶接、または切断された金属の場合、製造プロセス中に発生する応力を低減するために、応力緩和操作を実行する必要がある場合があります。

製造作業の結果としての金属の応力は、これらの応力が解放されると、部品の望ましくない寸法変化、歪み、早期故障、または応力腐食割れを引き起こす可能性があります。 寸法要件が厳しい部品では、他の製造作業を実行する前に、応力を緩和する必要がある場合があります。 溶接部は、応力緩和加熱操作により張力を解放することができます。

誘導ストレス緩和 酸化を減らすために、制御された雰囲気のチャンバーまたは真空で実行することができます。

炭素鋼と合金鋼には、XNUMXつの形態の応力緩和を与えることができます。
1.通常150〜200°Cでの処理は、硬度を大幅に低下させることなく、硬化後のピーク応力を緩和します(たとえば、肌焼き部品、ベアリングなど)。
2.通常600〜680°Cでの処理(溶接、機械加工などの後)により、実質的に完全な応力緩和が得られます。

非鉄合金は、合金の種類と状態に関連するさまざまな温度で応力が緩和されます。 時効硬化した合金は、時効温度より低い応力緩和温度に制限されます。
オーステナイト系ステンレス鋼は、480°C未満または900°Cを超える温度で応力が緩和され、安定化されていないグレードまたは低炭素のグレードでは耐食性が低下します。 900°Cを超える処理は、多くの場合、完全な溶体化アニールです。

正規化すべてではありませんが一部のエンジニアリング鋼に適用される正規化は、初期状態に応じて、材料を軟化、硬化、または応力緩和することができます。 処理の目的は、既存の不均一な構造を機械加工性/成形性を向上させるか、特定の製品形態では最終的な機械的特性の要件を満たすものに精製することにより、鋳造、鍛造、圧延などの以前のプロセスの影響に対抗することです。

主な目的は、その後の成形後、コンポーネントが硬化操作に十分に応答するように鋼を調整することです(たとえば、寸法安定性を支援します)。 正規化とは、適切な鋼を通常830〜950°Cの範囲の温度(硬化鋼の硬化温度以上、または浸炭鋼の浸炭温度以上)に加熱してから、空冷することです。 加熱は通常空気中で行われるため、スケールまたは脱炭層を除去するには、その後の機械加工または表面仕上げが必要です。

空気硬化鋼(一部の自動車用歯車鋼など)は、構造を柔らかくしたり、被削性を促進したりするために、正規化後に「焼きなまし」(亜臨界焼鈍)されることがよくあります。 多くの航空機の仕様でも、この治療の組み合わせが求められています。 通常正規化されない鋼は、空冷中に大幅に硬化する鋼(多くの工具鋼など)、または構造上の利点がないか、不適切な構造や機械的特性を生成する鋼(ステンレス鋼など)です。

誘導予熱PWHTマシン パイプ/チューブ溶接のpeheatおよびpwht、応力緩和などに広く使用されています。

溶接は、火力発電所のボイラーのような圧力容器の製造において最も重要なプロセスの2000つです。 プロセス中の溶融溶融池の温度はXNUMX℃の範囲です。熱の上昇は急速かつ瞬間的です。 この溶融池の小さなストリップが冷えると、収縮により熱応力が発生し、金属内部に閉じ込められます。 これにより、鋼のマクロ構造も変化する可能性があります。

PWHTは、溶接領域を最初の変態点より低い温度に制御された方法で加熱、浸漬、および冷却することによってこれらの影響を排除し、マクロ構造に元の状態に再調整して残留応力を除去するのに十分な時間を与えます。

PWHTは、溶接プロセス後の金属を制御された方法で最初の変態点より低い温度に加熱し、その温度で十分に長い時間浸漬し、制御された速度で冷却することで構成されます。

誘導加熱 コストは高いものの人気が高まっている方法のひとつです。 これは、より溶接機に優しいプロセスです。 抵抗加熱とは異なり、パイプだけが熱くなります。 温度勾配は厚さ全体で均一です。

暖房能力は10KW〜120KWです

モデル:10KW、20KW、40KW、60KW、80KW、120KWなど。

加熱温度:0〜900℃

最高加熱温度:900℃

パイプ/チューブ径:50〜2000mm

加熱コイル:クランプコイルまたは誘導加熱ブランケット

誘導溶接予熱機には次のものが含まれます。

1.誘導加熱電源。

2.ソフト誘導加熱ケーブル

3.ケーブルを延長します

4 K型熱電対

5.紙/ペーパーレスレコーダーなど。

セラミックヒーターやフレームヒーターと比較してください。 それはより多くの利点があります。

1.迅速な加熱速度とunfirom加熱温度

2.汚染のない省エネ

3.長い作業時間とより安定した

4.タッチスクリーンとPLC制御、操作が簡単

5.さまざまな溶接条件に適しています