高周波焼鈍チタンファスナー

説明

誘導加熱装置付きアニーリングチタンファスナー

目的アニーリングプロセスのためにチタンファスナーを1100〜1450ºF(593-788ºC)に加熱します。
材質直径0.06〜1.5インチ(0.163〜0.375mm)、長さ4.14〜9.52インチ(0.5〜3.0mm)のチタンファスナーの高さ12.7インチ(76.2mm)ゾーン

誘導焼なましチタン
温度1100-1450ºF(593-788ºC)
周波数150 kHz
機器•DW-UHF-20kW誘導加熱システム。0.66μFのコンデンサをXNUMXつ含むリモートワークヘッドを備えています。
•このアプリケーション用に特別に設計および開発された誘導加熱コイル。
プロセス0.2回転濃縮器プレートコイルを使用して、ファスナーを1000秒間加熱します。 これは自動化されたプロセスであり、酸化を防ぐためにアルゴンガスが部品全体に溢れている間に、ボウルフィードトラックからコイルに部品をロボットで配置します。 部品は毎分XNUMX部品の速度で処理されます。
結果/利点誘導加熱は以下を提供します。
•ピックアンドプレースロボットと簡単に統合できます。
•フレームレスプロセス。
•暖房は特定の地域に限られます。