真ちゅう製ディスクへの誘導ろう付け真ちゅう製チューブのプロセスと用途

真ちゅう製ディスクへの誘導ろう付け真ちゅう製チューブ

説明

真ちゅう製ディスクへの高周波誘導ろう付け真ちゅう製チューブの用途

DevOps Tools Engineer試験のObjective
お客様は真ちゅう製のステムを真ちゅう製のモニュメントマーカーに銀はんだ付けする必要があります。
–ろう付け合金に銀はんだを使用し、StaySilvフラックスを使用
–現在のプロセスでは、トーチを使用しています。トーチは2個あたり3〜XNUMX分かかります。

Equipment

DW-HF-15kw誘導ろう付けヒーター

素材
•サンプル材料は両方とも真ちゅうです。 センターチューブ–外径.500インチ(12.7mm)(壁の厚さ0.0605インチ(1.537mm))x高さ2.9 / 3インチ(73.66mm)
•マーカープレート–外径3.6インチ(91.44mm)x厚さ0.125インチ(3.175mm)(公称)わずかに凹面。
•合金– Sil Fosロッド-0.125インチ(3.175mm)x 0.050インチ(1.27mm)
•フラックス

主要なパラメータ
温度:1475-1500°F(801-815°C)
パワー:5キロワット
時間:45秒

のプロセス 誘導ろう付け:

  1. 合金の「手渡し」(トーチろう付けの一般的な方法)の排除を実証するために、お客様の合金をリングに成形して、センターポストチューブにぴったりとはめ込みました。 この方法は、生産作業にいくつかの利点をもたらします。(a)事前に形成されたリングの合金は、各サイクルに均一な量を提供し、均一な接合と濡れをもたらします。(b)オペレーターの制御は、均一な合金リングに置き換えられます。オペレーターは、特別なスキルを必要としません。トーチろう付け付き。 プリフォーム合金リングは、チューブの外径にぴったり合うように合金サプライヤーから提供されます。
  2. 付属のStaySilv聖霊降臨祭フラックスを使用して、マーカープレート上のチューブと嵌合領域をフラックス処理し、事前に形成された合金リングをチューブの底に移動して、チューブとマーカーの両方に接触しました。
  3. デュアルセクション/直径コイルは、部品の界面でチューブとプレートを約1500°Fに均一に加熱するように設計されました。温度が合金に達すると、事前に形成されたリングがチューブの周りを流れ、マーカープレートが形成されます。完全なろう付けフィレット。 適用物を固化させ、次にアセンブリをコイルから降ろし、水浴にかけて残留フラックス残留物を除去した。

のメリット 誘導ろう付け:

  • 時間と温度の正確な制御
  • 急速な熱サイクルによるパワーオンデマンド
  • オペレーターに依存しない繰り返し可能なプロセス
  • 裸火のない安全な加熱
  • エネルギー効率の良い暖房